P4i65G 付属CDのドライバインストール(Windows98SE)v.2

P4i65G(Socket478) M/B付属CDのドライバインストール Part2

10/100 LAN Driverのインストール

※インストール途中間違いやすい箇所があるので注意!(再起動と完了クリック箇所)

CD-ROMからメニューを起動し、【10/100 LAN Driver をクリック】

REALTEK Gigabit and Fast Ethernet NIC Driver setup LanSetup

ウイザードのダイアログが出る 【次へ】をクリック

ウイザードの完了画面が出るがここはクリックしないで必ず少し待つ

完了を絶対に押さない

ありがちなトラップです

一見終わっているように思えますが、終わってないんです。(SSDでも待たされます。)

そのまま完了を押さないでしばらくたつと・・・

ドライバ情報データベースの作成が始まりますので待ちます

またウイザードの完了画面が出るがここでも完了をクリックしてはいけません

さっきのドライバデータベースが実は新しいドライバを入れているので、そっちのインストールが終わってないのです。もう少し待ちます。

待つとドライバの追加ウィザードになるので次へをクリックする

完了のほうを押してしまうと終わってしまうので注意

検索方法の選択ダイアログが出る

ここでは【使用中のデバイスに最適なドライバを検索する(推奨)】にチェックを入れて 【次へ】をクリック

ドライバファイルの検索画面

新しいドライバは、~ 検索を開始にするには のところで 【CD-ROM ドライブ】にチェックを入れて【次へ】をクリック

次のドライバファイル検索画面

次のデバイス用のドライバファイルを検索します。ダイアログが出るので【次へ】をクリック

ディスクの挿入ダイアログ

”windows 98 Second Edhition CD-ROM”ラベルの付いたディスクを挿入して[OK]を押してください。と出るがここはそのままなにもしないで【OK】をクリックする

ドライバ不明のダイアログが出るので対応

  • 「Windows 98 Second edhition on CD-ROM 上のファイル arp.exeが見つかりませんでした」とでるので、下の空白欄に
  • C:\win98¥win98】と入力して【OK】をクリックする

※ドライバCDインストールのはじめにHDD内にOSインストールディスク内を「win98」にコピーしていることが前提です

ドライバをOSを移したCドライブから見つけてくれる

ドライバインストール完了画面

不明なデバイスのソフトウエアが見つかり、インストールが完了する【完了】をクリック

※間違って後ろ側の当初の完了ボタンを間違って押さないでください。

再起動を促す画面になる

【新しいハードウエアの設定を完了するには、コンピュータを再起動してください。今すぐ再起動しますか?】とでるので【はい】をクリックする

  • Windowsの再起動ダイアログ
  • 【はい、今すぐコンピュータを再起動します。】にチェックを入れて【OK】をクリック

最初の完了ボタンをここで押す

InstallShield ウイザード完了 のダイアログが残るので【完了】をクリックする

その後、自動的に再起動になる

もはや完全にトラップです… このVol2ページでは2回やってはいけないことがありました。完了ボタンのことです。今回インストールをしたときはSSDを入れていて、たまたま合間にお茶を取りに行ったためこの画面に遭遇しました。普通ならば完了ボタンを押してしまってます。

当時は相当遅いHDDです。実際HDDでやるとこの何倍も遅い時間経過後にこのダイアログが出ます。気づかずドライバが全部あたらないまま完了ボタンを押してしまって終了した人が多くいたのではないでしょうか。

この間の完了押してはいけない個所を2回くぐれないと2番目以降のドライバが直入れしないかぎりいつまでもあたらないという・・・

次のページへ

One comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です