479で製作したPCとまとめ

CT-479を使って、P4シリーズにPentiumMを搭載したPCがSocket479では使い勝手が良い。

CT-479でこれまでにわかったこと

  • P4Pxxxシリーズでは PentiumMの770までしか認識しない
  • P4GD1では780も認識することができた
  • OSもPentiumMはXDbitに対応
  • Windows7はもちろん、Windows8.8.1や10もインストール可能
  • OSは64Bitではなく32bitのみで64bitに関してはマザーが対応していない
  • 64bitはCPUが対応していても起動しない。

CT-479で組んだPCの概要

ASUS P4GD1 PentiumM780+CT479 Win10

 ■M/B ASUS P4GD1
 ■CPU Intel PentiumM780 2.26Ghz@2.86Ghz +CT479)
 ■クーラー コルセアH110加工取り付け
 ■MEM GreenHouse DDR400-1GB×4
 ■HDD MicronSSD 64GB
 ■GPU サファイア HD6450PCI-e 1GB
 ■電源 絢風300WGOLD
 ■ケース CoolerMaseter TestVench ガラスアクリル加工

ASUS P4C800 PentiumM +CT479 Windows10-32bit

起動状態のSS

 ■M/B ASUS P4C800
 ■CPU Intel PentiumM 740+CT-479
 ■MEM GreenHOUSE DDR400 1GB×4
 ■SSD ClucialM4-SSD 64GB 

ネット記事

CT479解説ページ 槻ノ木隆のPC実験室

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です