ASRCOK 775i65G+QX6800 WinME&WIN98SE

■ASROCK 775i65G Core2EXTREME QX6800 (OS Win98SE・WinME)

P4i945Gからのステップアップで製作

CPUにCore2が使えて他の部分は同一なので変更してみた

■M/B ASROCK 775i65G ■CPU Core2EXTREME QX6800 ■MEM OMRXTLAT8MHHHA0-6KDD DDR400CL3 1GB×2
 Win98SE 1144MB WinME →1990MB ※認識
■SSD TOSHIBA THNS064GG2BBAA 64GB
■VGA RADEON x9550
■OS システムコマンダーで4パーティション制御
 ※WIN98SE or WINME のデュアルOS仕様
■ケース
 ※ノート用USBクーラーの台座を改造 マザーの熱を直接吸い込んで下へ輩出 (ブルーLED付)
■起動スイッチ
 スイッチは自動車用のスイッチを改造し取り付け

※2016-3月 構成変更

  • CPUをQX6700からQX6800へ変更
  • SSDが基板下にあったものを、PCIスロットの取り付けカードにて装着
  • CPUクーラーをKODATIへ変更

■起動時にシステムコマンダーが起動

 パテを4つに分けて、バックアップ用にコピーし4つのOSを混在させる

 トラブルの多いOSだけに、壊れたらバックアップからコピーして即再インストール状態に
※あくまでトラブル対策用で実際は2つは使用してませんので規約にはひっかからないと思います。

このマザーを使うとメモリがCL2.5の扱いになるのでメモリ選びは注意が必要

CLによってはメモリが認識できずに起動エラーとなる

メモリが1144MBまで認識できた。

起動から終了までSSDを使うことでかなり動作が軽くなった

SSDでは4Kバイトセクタのものを使うと空領域エラーがでる場合があるので注意

表示は1920×1200でも問題なく表示ができた 、画面が見にくいのでこのSSでは

表示解像度を下げている

■WindowsMEの起動

98SEと同様の数値

SSDのため、98SEよりも一層動作が速くて軽い

アプリをいろいろ立ち上げると重くはなるがアイドルから動作に至るまでの挙動は

Windows7や8、10よりも軽い

メモリは1990MBまで認識できるが、表示のとおりにメモリの振り分けができていない

のか、メモリ不足がアプリの開始によってたまに現れる(ini関係は設定済み)

こちらも表示は1920×1200まで可能だった

モニタが許せば恐らくもっと大きい解像度でも表示できると思われる

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です